2004年10月05日

リビルトの実際

私達電装店ではスタータやオルタネータ等電装部品の「リビルト」というサービスを行っていますが、実際にはどんなことをやっているのでしょう?
スタータのリビルト作業を例にご紹介したいと思います。
全部は載せ切れませんので、詳細はホームページでご覧下さい。
また、オルタネータのオーバーホールについては「電気ぼうずは今日も行く」で紹介されてますので、こちらもご参考に。


分解開始

マグネットスイッチの接点摩耗

右が新品のブラシです。+側が極端に摩耗します。

不良パーツを交換・修理して、これがスタータ一式

手洗いの後洗浄機にかけます

最後にサンドブラスト処理をして・・・

新品同様に蘇ったスタータ

テスターで最終チェック

完成リビルト品としてストックされます。

■スタータ:エンジンを始動させるパーツです。キーを回したときだけ作動する部品ですから、オルタネータ等とは違い 走行距離や年数よりも単純に始動回数によって劣化します。
■マグネットスイッチの不良 :キーを回すとプランジャーが吸引され、接点がつながり通電します。弓形の2つの接点のうち+側が摩耗していきます。摩耗が進むと接触不良が起き、結果スタータが回らない=エンジンが始動できないというトラブルに至ります。
キーをひねったとき「カチッ」と音がしたきりスタートできないという症状がこれに当たります。
■ブラシの消耗 :回転部分に通電するためにカーボン製のブラシが使われます。(金属では熱で溶けたりします。)スプリングで押さえられていますが、摩耗が進むと接触不良を起こします。

リビルト品(リンク品)とは?
単なるリサイクルパーツとは異なり、一定の基準と高い技術の基に修理・再生・検査された修理完成品で、1年/2万キロの保証が付きます。
注) ・リビルト品をご注文の場合は、原則として交換後使用済み現品(コア)を返却していただきます。
・保証についてはこちらをご確認ください。
posted by ナガサワ at 15:40| Comment(0) | TrackBack(1) | From Pit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月27日

電源の取り方

何か電装品を取り付ける場合、実際に自分の車でどこから電源を取るかを考えてみましょう。
電源を取る方法としては大きく分けて3つあります。取り付ける機器の仕様や容量、取付位置などによって変わってきますし、説明書に指定されていればそれを優先します。今回は代表的な電源の取り方を大雑把に説明してみます。

a.バッテリーから直接取る
消費電力の高い機器を取り付ける場合、既存の配線に割込ませると容量を超えてしまうことがあります。このような場合はバッテリーから直接プラス電源を取り出して配線します。

1.バッテリーのプラスターミナルに電源取り出し用の配線コードを直接接続する。
2.この配線コードの反対側に、取り付ける電装品のプラス電源を接続する。

* バッテリーから直接電源をとる場合には、必ず電装品のプラス配線の手前でヒューズを割込ませる。万一ショートなどが起きた場合、電装品に過大電流が流れないように保護。

b.ヒューズボックスから取る
ヒューズBOXの平形ヒューズをヒューズ電源と差し替える方法です。

1.エンジンルームや運転席の足元などにヒューズボックスがあるので探す。
2.ヒューズボックスの平形ヒューズをヒューズ電源と差し替える。
3.これを電装品のプラス電源に接続する。

* 必ず同じ容量(アンペア)のヒューズと交換する。
* ヒューズ電源のコードが出ている側をヒューズボックスの+側(検電テスターで確認)へ。反対だとヒューズが切れることがる。
* 平型ヒューズ電源には配線に管ヒューズがついています。取り付ける機器が容量を超えないように注意・確認
* 平型ヒューズと「ミニ」平型ヒューズがあるので、車種により要確認。

c.既存の配線から分岐する
コネクター等を使って既存の配線コードから分岐して電源を取り出す方法。バッテリーもヒューズボックスも位置的な制限や配線取り回しの関係から難しいことも多く、実質的に1番多用される方法とも言えます。 キーシリンダー近辺やシガーライター電源等、候補となる配線はいろいろありますが、作業のしやすさなどは車種にもよります。

1.電源を取り出す配線を探す。(前回の検電テスターで確認。)
2.コネクターを使って分岐する。(配線コードを分岐用コネクターにはさみ、プライヤー等でかしめることで、ワンタッチで作業できます。)

d.アースする
配線はアースして(−側の接続)初めて完了です。(ボディ)アースしなければ電気は+から−へ流れることが無く、何をどう付けても機能しません。塗装やサビ・汚れの無い車体金属部に確実にアース線(通常は黒コード)をつなぎます。
posted by ナガサワ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY道場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検電テスターの使い方


あると便利、というより、電気まわりをいじったり何か取り付けする場合にはこれが無いと始まらないという、基本中の基本です。
車のあちこちに配線はたくさんありますが、電気が流れているかどうかは眺めていたってわかりません。通電を確かめる(=検電)のに使います。テスターとはいいながら電流や電圧は測れません。電気が来てるか来てないか、それだけです。構造はいたって簡単、電気が流れると内部の電球が光るという、小学生レベルの理屈です。

[使い方]
1.クリップを車体の金属部がむき出しになった所に確実にはさみます。(=ボディアースする。) 車体金属部はバッテリーのマイナスターミナルと同じです。塗装やサビ・汚れのないところに確実に固定します。
2.検電テスターの先の針の部分を配線コードに突き刺します。通電していれば柄の部分が光ります。
ヒューズボックスを検電したい場合はヒューズを外して中の金具(ヒューズと接する部分)にテスターの先をあてます。

* 光れば電気が流れている事になります。光らない場合はマイナス配線か、キーの状態によりまだ電気が来ていないか、またはどこかで断線しているかということになります。(テスターが壊れているというのはナシです。)

--------------

ところで、何か取り付けようとして説明書を読むと、「B電源」とか「ACC電源」とか書いてありますよね。これっていったい何なんでしょう?

常時電源(B):読んで字の如し。キーを回さない(OFF)状態で常に電気が来ている所。
アクセサリー電源(ACC):キーOFFでは電気が来ず、ACCまで回すと電気が来る所。
イグニッション電源(IG):エンジンをかければ全ての線に電気が来ます。キーをACCまで回したときは電気が来ないで、エンジンをかけて初めて電気が来る所。

電源の種類としては基本的にこの3つです。これを探すのに検電テスターがいるというわけですね。

* ヘッドライトのON/OFFで使用する器具を付ける場合は、キーを抜き、ライトを点けた状態/消した状態をそれぞれ確認します。
posted by ナガサワ at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | DIY道場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラック・商用車のセキュリティ

以前目にしたニュースによると、盗難車ベストテンにエルフとキャンターが入っていて、ちょっとビックリしました。4ナンバーのハイエースなんかも多いそうです。

トラックはほとんどが24Vになるわけですが、セキュリティ商品の多くは12V仕様で、そのまま使うのは無理なためデコデコ(DC/DCコンバータ)が必要になります。取付の工賃もそれなりにかかってしまいますので、トラックオーナーの方は二の足を踏んでしまうことも多いのではないでしょうか?

イタズラの感知や警報を発する機能はなくても、とにかく盗難だけは防ぎたい

このような場合、一時的にエンジンがかからないようにする回路を設けることでかなりの確立で乗り逃げを防ぐことができます。防犯上詳しく方法を説明するわけにはいきませんが、予算的には¥5,000〜¥8,000程度で対応可能です。

路上やオープンスペースに長時間駐車する機会も多いのがトラックです。ぜひ1度お問い合わせください。
御注文/御見積フォーム

* ご来店いただける方、及び当社出張可能な地域の方のみの対応となります。
* 施工に当たり車検証を拝見させていただきます。
* 12V車及び一般乗用車にも対応可能です。(乗用車は工賃¥10,000〜となります。)
* 防犯上、「方法を教えて」というお問い合わせにはお答えできません。
posted by ナガサワ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | From Pit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月26日

そろそろヒーターチェック

エアコンのお世話になるのもあと少し、ヒーターを入れる機会も出てきます
ヒーターコアの水漏れ、冷却水のつまり、ヒーターノズル(電磁弁)の不良、原因は様々ですが、ヒーターが効かない、弱いなと思ったら要チェック!

ヒーターノズルの故障

>>>
温風を室内に引き込む部分で、電磁弁を使用している物が多い。
わりと故障の多いパーツです。
posted by ナガサワ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | From Pit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。