2007年03月16日

お知らせ

皆さんこんにちは、大変ご無沙汰してしまいました。
この度car-denso.netでは各社独自で管理していたブログを1本化して再スタートすることになりました。

http://car-denso-net.seesaa.net/

こちらで各社持ち回りで記事を書いていこうと思います。
今まで各社バラバラになっていた情報も少し探しやすくなるのではないかと思いますので、よろしくお願いします。
posted by ナガサワ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | From Pit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月22日

水没

台風も一段落したみたいですが、かなり被害が甚大だったようですね。お見舞い申し上げます。うちも屋根(の一部)がとんでしまいましたが、幸い人的な被害はありませんでした。
ところで、ここ数日オルタやスタータの現品修理の依頼が急激に増えています。不調、あるいは作動しないので、とにかく悪い部品だけ換えてくれという感じなんですが、お話をうかがってみるとどうやら水没らしいです。
水没といってもその程度はピンキリでしょうけど、横浜市内でも河川や用水路が氾濫したり排水溝が限界で低い道路が水をかぶったり、けっこうあちこちで車が沈んだみたいです。概して電気関係は水には強くないので故障の原因になりますし、後からサビや腐食で影響が出ることもあります。台風もこれで最後じゃないみたいですし、水没には気を付けましょう・・・ というか、そういうところに車を停めざるを得ない都市環境にも問題有りのような気もしますが。
posted by ナガサワ at 03:52| Comment(0) | TrackBack(1) | From Pit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月20日

ナイスセレクト

ピロリロリ〜ン♪(電話の音)

「ナガサワさんいらっしゃいますか?」

「ハイ!私ですが」

「いや〜〜っ、ありがとうございました!!当たりました!!」

「それはおめでとうございます。で、何が?」

「宿泊券ですってば、JTBの」

「ん・・・?  おぉーーーっ!あれですか!」

・・・・・・  ・・・・・・・

ピロリロリ〜ン♪(電話の音)

「おーっ、当たったぞ」

「・・・!     宿泊券ッスか?」

「んにゃ。クオカード。」

・・・・・・  ・・・・・・・

■カーエアコン・電装品点検整備キャンペーン
Wチャンス

・10組20名様にJTBご宿泊ペアギフト券5万円分
・さらに100名様にクオカード(1,000円分)
* 平成16年6月1日〜8月31日

だれも知らない全国自動車電装品整備商工組合連合会主催だけあって、やはり確率はかなり高かったようです。次は来年になると思いますが、またやるようでしたらご案内しますのでお楽しみに。
posted by ナガサワ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | From Pit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月12日

オプティマ

これまで口コミをメインに細々と販売していたOPTIMAをHPに掲載しました。
そもそもドライバッテリーってなに?ということで、デンソーネットブログへのトラックバックも兼ねて、ちょっと説明してみたいと思います。
一般的にドライ(セル)バッテリーと言われますが、構造上の大きな特徴としては次の点が上げられます。

・セル=極板を螺旋状にきつく巻いてあり、有効面積が広いこと
・電解液をグラスファイバーに吸収しセルといっしょに巻き込んであること
・一体成形のケースで完全密閉されていること

この結果どういうメリットが生じるかというと、

・極板の有効面積が広いということは、つまり発電能力に優れ、内部抵抗も小さいので瞬間的に大電流を発生させることができる。
・完全密封=100%メンテナンスフリー。液の補充は必要無いし、そもそも開けるところがありません。横でも縦でも、逆さでもだいじょうぶ。全く液漏れしませんので、バッテリー付近の腐食も心配なし。
・同じ始動性能なら従来のバッテリーよりも軽量・コンパクト

その他にもいろいろありますが、OPTIMAの最大の魅力はなんと言っても次の点です。

抜群の瞬発力(始動性能):素早いエネルギー放出が可能で、低温でも始動性に大変優れています。
長寿命:完全放電(=バッテリーあがり)からの再充電/再使用は一般的な国産バッテリーの場合3回が限度といわれますが、OPTIMAレッドトップでは50回、さらにイエロートップでは350回の再生が可能です。(ディープサイクルバッテリーと言われます。)
自己放電率が非常に低いため長期間の放置にも耐え、寿命も従来のバッテリーの2倍以上あります。

特に、CCA、コールドクランキングアンプと言われるエンジンの始動性能を表す数値が抜群に優れています。
バッテリーの性能は容量(Ah)だと単純に思われがちですが、CCA:30秒間にマイナス18度で負荷電圧が7.2V以上の条件で最大何アンペア出力するかという国際基準が、バッテリーの始動性能です。
国産車に搭載される標準的なバッテリーは300〜500CCAであるのに対し、OPTIMAですと510〜830CCA、物によっては実に1100なんていう機種もあります。

高性能ナビやオーディオ等電気製品をたくさん付けている方、寒い地方にお住まいの方、これからスキー場通いをされる方(笑)、オススメですよー!
posted by ナガサワ at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | From Pit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月05日

リビルトの実際

私達電装店ではスタータやオルタネータ等電装部品の「リビルト」というサービスを行っていますが、実際にはどんなことをやっているのでしょう?
スタータのリビルト作業を例にご紹介したいと思います。
全部は載せ切れませんので、詳細はホームページでご覧下さい。
また、オルタネータのオーバーホールについては「電気ぼうずは今日も行く」で紹介されてますので、こちらもご参考に。


分解開始

マグネットスイッチの接点摩耗

右が新品のブラシです。+側が極端に摩耗します。

不良パーツを交換・修理して、これがスタータ一式

手洗いの後洗浄機にかけます

最後にサンドブラスト処理をして・・・

新品同様に蘇ったスタータ

テスターで最終チェック

完成リビルト品としてストックされます。

■スタータ:エンジンを始動させるパーツです。キーを回したときだけ作動する部品ですから、オルタネータ等とは違い 走行距離や年数よりも単純に始動回数によって劣化します。
■マグネットスイッチの不良 :キーを回すとプランジャーが吸引され、接点がつながり通電します。弓形の2つの接点のうち+側が摩耗していきます。摩耗が進むと接触不良が起き、結果スタータが回らない=エンジンが始動できないというトラブルに至ります。
キーをひねったとき「カチッ」と音がしたきりスタートできないという症状がこれに当たります。
■ブラシの消耗 :回転部分に通電するためにカーボン製のブラシが使われます。(金属では熱で溶けたりします。)スプリングで押さえられていますが、摩耗が進むと接触不良を起こします。

リビルト品(リンク品)とは?
単なるリサイクルパーツとは異なり、一定の基準と高い技術の基に修理・再生・検査された修理完成品で、1年/2万キロの保証が付きます。
注) ・リビルト品をご注文の場合は、原則として交換後使用済み現品(コア)を返却していただきます。
・保証についてはこちらをご確認ください。
posted by ナガサワ at 15:40| Comment(0) | TrackBack(1) | From Pit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月27日

トラック・商用車のセキュリティ

以前目にしたニュースによると、盗難車ベストテンにエルフとキャンターが入っていて、ちょっとビックリしました。4ナンバーのハイエースなんかも多いそうです。

トラックはほとんどが24Vになるわけですが、セキュリティ商品の多くは12V仕様で、そのまま使うのは無理なためデコデコ(DC/DCコンバータ)が必要になります。取付の工賃もそれなりにかかってしまいますので、トラックオーナーの方は二の足を踏んでしまうことも多いのではないでしょうか?

イタズラの感知や警報を発する機能はなくても、とにかく盗難だけは防ぎたい

このような場合、一時的にエンジンがかからないようにする回路を設けることでかなりの確立で乗り逃げを防ぐことができます。防犯上詳しく方法を説明するわけにはいきませんが、予算的には¥5,000〜¥8,000程度で対応可能です。

路上やオープンスペースに長時間駐車する機会も多いのがトラックです。ぜひ1度お問い合わせください。
御注文/御見積フォーム

* ご来店いただける方、及び当社出張可能な地域の方のみの対応となります。
* 施工に当たり車検証を拝見させていただきます。
* 12V車及び一般乗用車にも対応可能です。(乗用車は工賃¥10,000〜となります。)
* 防犯上、「方法を教えて」というお問い合わせにはお答えできません。
posted by ナガサワ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | From Pit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月26日

そろそろヒーターチェック

エアコンのお世話になるのもあと少し、ヒーターを入れる機会も出てきます
ヒーターコアの水漏れ、冷却水のつまり、ヒーターノズル(電磁弁)の不良、原因は様々ですが、ヒーターが効かない、弱いなと思ったら要チェック!

ヒーターノズルの故障

>>>
温風を室内に引き込む部分で、電磁弁を使用している物が多い。
わりと故障の多いパーツです。
posted by ナガサワ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | From Pit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月20日

ナビ取付

プロの取付

■早い、確実、美しい!
プロだからと言って特に変わったことをするわけではありません。ダッシュボードをバラしたりイスを外したり、車速信号を取ったり、器用な方ならできます。
何がちがうかといえば、それはスピードときれいな仕上がり、そして安全・確実!ということです。ダッシュボードの隙間やピラーの裏、ステップの内部等、配線は極力目立たないように、そして何よりも安全確実に。
当社はディーラー純正/オプションや社外品を年間300セット以上取り付けます。「早い・確実・美しい」取付は、必要最低限、あとは「電源はシガーライターじゃなく、インパネの裏で配線しましょうか?」など、お客様との話し合いの中でチョコっとアドバイスもできればと思っています。

施工例 >>
プロの取付は国産車標準作業、出張で ¥25,000〜、ご来店いただける場合は ¥23,000〜
商品お客様ご用意(持ち込み)、また中古品の場合も条件は同じです。
* 中古品は別途部品が必要になることがありますので、事前にご確認ください。出張先で部品が足りず作業できない場合は・・・当社で部品購入していただければ再訪も追加料金無しです。

出張サービスについてはこちら >>

最初と最後

■事前打ち合わせと使用説明
本体やモニターの取付位置、配線の取り回し方、他の機器との取り合い、作業前に確認とお客様のご希望をお伺いします。
お引き渡しの時は使用説明。
作業の最初と最後にお時間を頂きますので、よろしくお願いします。
出張取付の場合も同じです。

アンテナ下取り

■フィルムアンテナを付けると・・・
ロッドアンテナが余りませんか?
フィルムアンテナも初期の物は受信感度に問題があったりしましたが、最近は改良も進み強力なブースターの採用などもあってロッドアンテナとほとんど遜色無いところまで来ていると言えます。標準セットのアンテナもフィルムタイプが増えており、数年後にはロッドアンテナは珍しくなってしまうかも知れませんね。
画像は当社でよくお奨めする物でフィルムレス・エレメントタイプの商品ですが、仕上がりのキレイさからいったらちょっと特筆物です。
詳細はこちらからどうぞ >>
ナビ取付の際、フィルムアンテナを別途当社でご購入されるお客様には、余ったロッドアンテナは下取りいたします。

アフター、その他

■当社は電装プロショップ
長沢です。遊びに来てください。商品の基本的なアフターサービスはメーカーの条件に準じます。取付に関わる部分は当然責任持ちます。あとは、例えば将来お車買い換えでナビを外す場合や載せ換える場合などもユーザー価格で対応いたします。
そして、当社はナビ専門店ではなく、電装専門店です。エアコンや各電装パーツ、その他お車の電気に関わる部分でも、末永いお付き合いができれば大変幸せです。

下取りサービス】 ナビ買い換えのお客様には下取りも承ります。
posted by ナガサワ at 08:27| Comment(0) | TrackBack(1) | From Pit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月18日

アンサーバックタイプの簡易型

ということで、代表的な3機種をまとめてみました。

実用通信距離の向上
VE-S70R/ユピテル
3タイプ の高感度センサ
carmoni500/オムロン
5段階威嚇のアンサーバック
オートポリスVDF2040/松下電工

詳細はこちらからご覧下さい。

通信(アンサーバック)性能がピカイチでユピテルのアギュラス/VE-S70Rがオススメですかねー。
ちょっとうちの車に付けてみて、どんなモンか試してみたいと思います。レポートはまた後日・・・。

ところで・・・
アンサーバックタイプは自宅など車から離れたところでもリモコンに異常を知らせてくれるわけですが、1つアドバイスとしては、「決して1人では見に行かないで下さい」
開き直った犯人に暴行を受けるという被害がチラホラおきているそうです。
「おかしい!」と思ったら、警察に通報するのが一番です。
posted by ナガサワ at 19:30| Comment(0) | TrackBack(1) | From Pit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

極太ブースターケーブル

◆いざという時/プロ仕様◆

市販のブースターケーブルで長さが足りなかったり、苦労したことありませんか?
長さもそうですが、それよりも問題は「太さ」なんですね、実は。細いと熱ばかりもってさっぱりエンジンがかからないということになります。
写真の物は当社で使っている物ですが、ご覧の通り市販品と比べてかなり太いケーブルです。これなら電気の通りも余裕で、ストレスなくエンジンの始動が可能です。バッテリートラブルで頻繁に出動するJ○Fで使用している物も、だいたいこれと同じです。
長さ、太さ、クリップの形状・大きさなんかもいろいろ選べるようになってます。
プロ用として12,000円〜14,000円ぐらいのものが多いのですが、ガレージやトランクに常備する程度の物でしたら8,500円ぐらいからでお作りしますので、1セットいかがですか?

posted by ナガサワ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | From Pit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。