2004年09月27日

検電テスターの使い方


あると便利、というより、電気まわりをいじったり何か取り付けする場合にはこれが無いと始まらないという、基本中の基本です。
車のあちこちに配線はたくさんありますが、電気が流れているかどうかは眺めていたってわかりません。通電を確かめる(=検電)のに使います。テスターとはいいながら電流や電圧は測れません。電気が来てるか来てないか、それだけです。構造はいたって簡単、電気が流れると内部の電球が光るという、小学生レベルの理屈です。

[使い方]
1.クリップを車体の金属部がむき出しになった所に確実にはさみます。(=ボディアースする。) 車体金属部はバッテリーのマイナスターミナルと同じです。塗装やサビ・汚れのないところに確実に固定します。
2.検電テスターの先の針の部分を配線コードに突き刺します。通電していれば柄の部分が光ります。
ヒューズボックスを検電したい場合はヒューズを外して中の金具(ヒューズと接する部分)にテスターの先をあてます。

* 光れば電気が流れている事になります。光らない場合はマイナス配線か、キーの状態によりまだ電気が来ていないか、またはどこかで断線しているかということになります。(テスターが壊れているというのはナシです。)

--------------

ところで、何か取り付けようとして説明書を読むと、「B電源」とか「ACC電源」とか書いてありますよね。これっていったい何なんでしょう?

常時電源(B):読んで字の如し。キーを回さない(OFF)状態で常に電気が来ている所。
アクセサリー電源(ACC):キーOFFでは電気が来ず、ACCまで回すと電気が来る所。
イグニッション電源(IG):エンジンをかければ全ての線に電気が来ます。キーをACCまで回したときは電気が来ないで、エンジンをかけて初めて電気が来る所。

電源の種類としては基本的にこの3つです。これを探すのに検電テスターがいるというわけですね。

* ヘッドライトのON/OFFで使用する器具を付ける場合は、キーを抜き、ライトを点けた状態/消した状態をそれぞれ確認します。
posted by ナガサワ at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | DIY道場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大型トラックに無線機取り付け電源はコンセント24V DCDCで13。8Vに落していますDCDCより青い線が一本ありこれをAccに接続してくださいとあります この青い線をどのように接続したらよいでしょうかACCまで回して24vが取れる所 色々方法が在れば宜しく御願いします
Posted by 酒井 健裕 at 2008年03月14日 15:40
お問い合わせの件ですが、一番わかりやすいのは
シガーライター裏の2極コネクタのプラス側から取得する方法です。
プラス側の配線色は、おそらく赤や黄色が入った線でマイナス側は黒や白の線かと思われますが、やはり検電ランプやテスター等を使用していただき、確実に取得されることをオススメします。

テスター等があれば、イグニッションキー裏のコネタやデッキ裏、ヒューズBOX等いろいろな箇所を探しあてることができますので、ぜひご用意してチャレンジしてもて下さい。
Posted by 共立電機 長澤 at 2008年03月14日 20:28

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。