2004年12月17日

コードレステスター

コードレスの検電テスターです。ボディアースしなくても使えますので、作業中あちこち繋ぎ換える必要が無く、なんだかんだ言って使用頻度の高い物ですから私達プロにとってもけっこう重宝します。
どんなふうに使うかというと、下の画像でご説明しますと・・・
ヒューズボックスのチェックをしているところですが、左の画像ではまだ通電していません。素手(左手)で車体金属部に触れると通電し、ランプとブザーで知らせます。(右の画像/ボルトの頭に触っています。)
つまり・・・人体を通して通電チェックしているわけですね。ちょっと気持ち悪いと思うかも知れませんが、特に実感できるようなショックなどは皆無です。人体は抵抗が大きいですからこの程度の電圧では流れる電流もごく微少で、感じることはありません。(まあ、厳密に言えば感電してるって事なんでしょうけど。)



1ヶ所調べるだけなら普通の検電テスターでもいいんですが、エンジンルームと車内であちこちチェックするときなんかは非常に便利で、使い出すと手放せないですね。
posted by ナガサワ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY道場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。