2004年10月29日

残り1セット

開催中のキャンペーン、いよいよ残り1セットになりました。
ETCの助成もスタートしますので、タイミングを合わせてご予約も承ります。

ナビ&ETC付けちゃいましょうキャンペーン
KENWOOD/HDV-810+DENSO/DIU2400
HDDナビ+ETC 取付・セットアップ・税込み
¥207,900

または¥5,250upでDIU3500
* ETC助成適用可

HDV-810 シアターナビゲーションシステムと銘打ってKENWOODから出ている2DIN一体型6.5インチモニターのHDD(20GB)ナビです。タッチパネルで簡単操作、フィルムレス・プリントTVアンテナ採用で見た目もスッキリ。シアターナビというだけあって、5.1ch対応、2chステレオも臨場感バッチリ、DVD主要4メディア対応、リアモニター用出力・・・と機能満載のオススメナビです。一言でいうと、「DVD/CDのコンパチブル再生を臨場感豊かなサラウンド空間で楽しめる。」ということなんですが、
詳しい製品情報はこちら >>
* シアターナビってなに? >>
posted by ナガサワ at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | おっ買いっ得っ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月22日

水没

台風も一段落したみたいですが、かなり被害が甚大だったようですね。お見舞い申し上げます。うちも屋根(の一部)がとんでしまいましたが、幸い人的な被害はありませんでした。
ところで、ここ数日オルタやスタータの現品修理の依頼が急激に増えています。不調、あるいは作動しないので、とにかく悪い部品だけ換えてくれという感じなんですが、お話をうかがってみるとどうやら水没らしいです。
水没といってもその程度はピンキリでしょうけど、横浜市内でも河川や用水路が氾濫したり排水溝が限界で低い道路が水をかぶったり、けっこうあちこちで車が沈んだみたいです。概して電気関係は水には強くないので故障の原因になりますし、後からサビや腐食で影響が出ることもあります。台風もこれで最後じゃないみたいですし、水没には気を付けましょう・・・ というか、そういうところに車を停めざるを得ない都市環境にも問題有りのような気もしますが。
posted by ナガサワ at 03:52| Comment(0) | TrackBack(1) | From Pit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月20日

ナイスセレクト

ピロリロリ〜ン♪(電話の音)

「ナガサワさんいらっしゃいますか?」

「ハイ!私ですが」

「いや〜〜っ、ありがとうございました!!当たりました!!」

「それはおめでとうございます。で、何が?」

「宿泊券ですってば、JTBの」

「ん・・・?  おぉーーーっ!あれですか!」

・・・・・・  ・・・・・・・

ピロリロリ〜ン♪(電話の音)

「おーっ、当たったぞ」

「・・・!     宿泊券ッスか?」

「んにゃ。クオカード。」

・・・・・・  ・・・・・・・

■カーエアコン・電装品点検整備キャンペーン
Wチャンス

・10組20名様にJTBご宿泊ペアギフト券5万円分
・さらに100名様にクオカード(1,000円分)
* 平成16年6月1日〜8月31日

だれも知らない全国自動車電装品整備商工組合連合会主催だけあって、やはり確率はかなり高かったようです。次は来年になると思いますが、またやるようでしたらご案内しますのでお楽しみに。
posted by ナガサワ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | From Pit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月12日

オプティマ

これまで口コミをメインに細々と販売していたOPTIMAをHPに掲載しました。
そもそもドライバッテリーってなに?ということで、デンソーネットブログへのトラックバックも兼ねて、ちょっと説明してみたいと思います。
一般的にドライ(セル)バッテリーと言われますが、構造上の大きな特徴としては次の点が上げられます。

・セル=極板を螺旋状にきつく巻いてあり、有効面積が広いこと
・電解液をグラスファイバーに吸収しセルといっしょに巻き込んであること
・一体成形のケースで完全密閉されていること

この結果どういうメリットが生じるかというと、

・極板の有効面積が広いということは、つまり発電能力に優れ、内部抵抗も小さいので瞬間的に大電流を発生させることができる。
・完全密封=100%メンテナンスフリー。液の補充は必要無いし、そもそも開けるところがありません。横でも縦でも、逆さでもだいじょうぶ。全く液漏れしませんので、バッテリー付近の腐食も心配なし。
・同じ始動性能なら従来のバッテリーよりも軽量・コンパクト

その他にもいろいろありますが、OPTIMAの最大の魅力はなんと言っても次の点です。

抜群の瞬発力(始動性能):素早いエネルギー放出が可能で、低温でも始動性に大変優れています。
長寿命:完全放電(=バッテリーあがり)からの再充電/再使用は一般的な国産バッテリーの場合3回が限度といわれますが、OPTIMAレッドトップでは50回、さらにイエロートップでは350回の再生が可能です。(ディープサイクルバッテリーと言われます。)
自己放電率が非常に低いため長期間の放置にも耐え、寿命も従来のバッテリーの2倍以上あります。

特に、CCA、コールドクランキングアンプと言われるエンジンの始動性能を表す数値が抜群に優れています。
バッテリーの性能は容量(Ah)だと単純に思われがちですが、CCA:30秒間にマイナス18度で負荷電圧が7.2V以上の条件で最大何アンペア出力するかという国際基準が、バッテリーの始動性能です。
国産車に搭載される標準的なバッテリーは300〜500CCAであるのに対し、OPTIMAですと510〜830CCA、物によっては実に1100なんていう機種もあります。

高性能ナビやオーディオ等電気製品をたくさん付けている方、寒い地方にお住まいの方、これからスキー場通いをされる方(笑)、オススメですよー!
posted by ナガサワ at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | From Pit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月05日

リビルトの実際

私達電装店ではスタータやオルタネータ等電装部品の「リビルト」というサービスを行っていますが、実際にはどんなことをやっているのでしょう?
スタータのリビルト作業を例にご紹介したいと思います。
全部は載せ切れませんので、詳細はホームページでご覧下さい。
また、オルタネータのオーバーホールについては「電気ぼうずは今日も行く」で紹介されてますので、こちらもご参考に。


分解開始

マグネットスイッチの接点摩耗

右が新品のブラシです。+側が極端に摩耗します。

不良パーツを交換・修理して、これがスタータ一式

手洗いの後洗浄機にかけます

最後にサンドブラスト処理をして・・・

新品同様に蘇ったスタータ

テスターで最終チェック

完成リビルト品としてストックされます。

■スタータ:エンジンを始動させるパーツです。キーを回したときだけ作動する部品ですから、オルタネータ等とは違い 走行距離や年数よりも単純に始動回数によって劣化します。
■マグネットスイッチの不良 :キーを回すとプランジャーが吸引され、接点がつながり通電します。弓形の2つの接点のうち+側が摩耗していきます。摩耗が進むと接触不良が起き、結果スタータが回らない=エンジンが始動できないというトラブルに至ります。
キーをひねったとき「カチッ」と音がしたきりスタートできないという症状がこれに当たります。
■ブラシの消耗 :回転部分に通電するためにカーボン製のブラシが使われます。(金属では熱で溶けたりします。)スプリングで押さえられていますが、摩耗が進むと接触不良を起こします。

リビルト品(リンク品)とは?
単なるリサイクルパーツとは異なり、一定の基準と高い技術の基に修理・再生・検査された修理完成品で、1年/2万キロの保証が付きます。
注) ・リビルト品をご注文の場合は、原則として交換後使用済み現品(コア)を返却していただきます。
・保証についてはこちらをご確認ください。
posted by ナガサワ at 15:40| Comment(0) | TrackBack(1) | From Pit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。